バッテリーまるわかり博士

"洗浄機は土汚れなど表面から飛び出た凸な汚れには非常に効果的になります。
このことから「汚れの部分が飛び出ていてそれを水圧で根こそぎ蹴散らす」
このようなイメージを想像してもらえれば高圧洗浄機というものがどんなものか理解をすることが出来るのではないでしょうか?

 

そして逆に表面が凹んでいて中に入り込んでいる汚れに関しましても高圧洗浄機で蹴散らすことが出来ます。

 

私が考えるに「高圧洗浄機は全ての汚れに対して効果がある!」という先入観をもしかしたら持っているのではないでしょうか?
でも高圧洗浄機と言いましても得意なことと不得手なことがしっかりと分けられているのです。

 

汚れというのにも実に多くの種類があるのですが、車のボディーについた水垢とか油汚れなどの粘着性のある汚れというのは、高圧洗浄機にとりましては苦手な部類となります。"





ハワイアンジュエリーの専門
ハワイアンジュエリー
URL:http://maile.co.jp/


高圧洗浄機というものがどんなものか理解をすることが出来るブログ:20170715

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
皆様、ご存知でしたか?

俺たちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
うまい棒(明太味)を食べに行った時、食後のデザートとして、
ケーキやアイスキャンディーを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後にはデザート」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後にデザートを食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後にデザートを食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「夕方になったらおかしを食べる」
「寝る前におかしをつまむ」
「深夜番組を見る時にはおかしが手放せない」
というのも、
最初はママさんと一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
シェイプアップにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
俺は思うんですが…

―地球滅亡まであと427日―
ホーム RSS購読 サイトマップ