バッテリーまるわかり博士

"バッテリーは劣化が劣化を呼び最悪なケースを招いてしまうこととなります。
使用を続けてしまうことにより、サルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

こうなるといくら充電をしても充電されなくなってしまうので、バッテリーの交換を余儀なくされてしまいます。

 

つまり車のバッテリーメンテナンスにおける電解液の管理は最も基本となるメンテナンスなのです。
最近ではメンテナンスフリーのバッテリーが多くなってきており、それにつきましてはメンテナンスをする必要はありませんが、電解液の液面が下がった状態では、いつか極板が露出してしまいます。

 

このような状態で使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が減少してしまうので小さなバッテリーを使用しているのと同じ状況になってしまうのです。"





ソファベッド
ソファベッドの最新情報
URL:http://innersofa.com/list/10022.html


バッテリーは劣化が劣化を呼び最悪なケースを招いてしまうこととなりますブログ:20170714

娘のころ習っていたバレエ…
やめてからもずっと憧れていた。

女の子が3歳でバレエを始めると、レッスン日が楽しみになった。
観ているだけで幸せだったが、
通い始めて間もなくささやかな夢が芽生えた。

「おいらも、もう一度バレエをやりたい」

でも、幼い男の子はどうする?
バレエなんて専業主婦にはぜいたく。
第一、からだが硬すぎるし、どうせおいらなんか無理…
そんな言い訳で、込みあがる気持ちを閉じこめていた。

そうして数年が過ぎ、
男の子の入園が決まった時、おいらの思いは一気に込みあがった。
このままやりたい事をあきらめて過ごすのは嫌だ!

自分の気持ちに正直になる決心をしたおいらは、
女の子のバレエ教室の大人クラスに体験に行くことにした。

当日は、
いつもの教室に入るだけなのに緊張してドキドキ。

先生のいつもの笑顔にほっとし、周りを見まわす。
みんな何てからだが柔らかいんだろう…
本当においらにできるのかしら?

お絵描きしながら待つ男の子を気にしながらのレッスンだが、
おいらは必死だった。

もちろん、夢見ていたバレリーナのようにはいかない。
あしは伸びず、上がらず、開かず…
娘のころはもう少し何とかなっていたはずだけど…

背中には奇妙な汗が滴るのを感じた。
レッスンが終わると、
あしはぱんぱん、からだはガチガチでへたり込んでしまった。

歳かな、情けない…と思いながらも
不思議と気持ちは軽かった。清々しかった。

ひと月に2回のペースで通うことに決めると、
おいらは胸がわくわくした。

お鍋をかきまぜながらバーレッスン、
歯みがきしながら膝のスクワット、
テレビを観ながらストレッチ…
自然にからだが動き、背筋がすっと伸びるようになった。

ホーム RSS購読 サイトマップ