バッテリーまるわかり博士

"バッテリーは劣化が劣化を呼び最悪なケースを招いてしまうこととなります。
使用を続けてしまうことにより、サルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

こうなるといくら充電をしても充電されなくなってしまうので、バッテリーの交換を余儀なくされてしまいます。

 

つまり車のバッテリーメンテナンスにおける電解液の管理は最も基本となるメンテナンスなのです。
最近ではメンテナンスフリーのバッテリーが多くなってきており、それにつきましてはメンテナンスをする必要はありませんが、電解液の液面が下がった状態では、いつか極板が露出してしまいます。

 

このような状態で使用し続けてしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位が減少してしまうので小さなバッテリーを使用しているのと同じ状況になってしまうのです。"





ソファベッド
ソファベッドの最新情報
URL:http://innersofa.com/list/10022.html


バッテリーは劣化が劣化を呼び最悪なケースを招いてしまうこととなりますブログ:20170614

太っている人には、ある共通点があるみたいです。
それは「からだを動かさない習慣」です。

自転車、自動車、エレベーター、エスカレーターなど、
便利な道具が増えました。
その便利さに甘んじて、ついつい頼りがちになり、
楽なほうへと偏ってしまう…

そして、気がつけば
「からだを動かさない習慣」が当たり前になっています。

人によっては、歩いていけるコンビニさえも、
バイクや自転車を使う人がいるというのですから驚きです。

減量がなかなか上手くいかないという人は、
太りやすい体質が原因なのではなく、
からだを動かさない生活習慣こそ、真の原因だと思います。

できるだけ動きたくないというだらしのない気持ちが、
如実に体形に表れているのでは?
かくいうわたくしもそうだったんですが…

減量をしているみなさんはいかがでしょうか?

便利な道具に囲まれている生活のため、
いつの間にか「からだを動かさない習慣」が
当たり前になっていませんか。

減量で
変えるべきなのは「食生活」だけではなく
「体操習慣」もなんですよね。

あえて便利な道具は使わず、
積極的にからだを動かす習慣へと変えましょう!

例えば…
階段を使うのを当たり前にしてみましょう。
ひとつ上の階や下の階くらいであれば、階段を使うようにします。

買い物に行くときには
「自動車」ではなく「自転車」を使います。
そうすれば、からだを動かす機会が増えますね。

歩いていける距離であれば、
散歩をしながら買い物をするのを習慣にします。

「からだを動かさない習慣」を当たり前にするのではなく、
「からだを動かす習慣」を当たり前にしましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ